税理士は、会社設立のサポート役として力強い存在ですが、その税理士にも色々なタイプの人がいます。税理士が変われば、会社の利益も変わってきますし、方向性も変わってくるのです。そういう意味では税理士選びは慎重に行わなければいけません。では、税理士を選ぶ際の注意点とはどのようなものなのでしょう。

まず、いくら相手が税理士であろうが、やはり顧客の立場のほうが上です。そこを理解していない税理士が残念ながら多いのが実情でしょう。税理士を選ぶ際には、サービス業としての税理士という意識を持っていることが必須です。旧態依然とした考え方を持つ税理士は、会社にとって利益を生む存在にはなりません。接客業としての一面もあるのが税理士なのです。

また、契約前に契約料などがはっきりとした金額で提示されるかどうかも重要な点です。相手を見て、請求額を変えてくる悪質な税理士もいるのです。料金表を持ち、どのようなサービスを行うのかを確認してください。そして、対応の早さです。時は金なりで、対応の遅い税理士は仕事の質も悪いことが多いのです。契約前の打ち合わせや見積もりのスピードなどで、対応の早さを見ておきましょう。税理士も千差万別です。これらの点に気を付けて選んでください。