会社を設立しようとしても、自分一人では現実的に無理が生じてきます。まず、どのような流れで、どのような書類が必要で、そしてどの公的機関で手続きをすればいいのかまるで分からないのです。そういったとき、税理士のサポートがあれば安心して会社設立を任せられるのです。

参照HP・・・会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

会社を設立するには、資金が必要となります。そしてほとんどの場合、自己資金だけでは賄い切れませんので、銀行などから借入をします。その際の審査書類として事業計画書の提出が必須となります。どういった業種でどのような商品やサービスを販売し、そして売上や利益の予測など、運営に関しての計画を細部まで提示しなければいけないのです。さらに、定款や登記などの手続きもありますから、会社設立においては、やはり専門家に依頼するのが賢い選択と言えます。

このように税理士は会社設立になくてはならない存在ですが、その人選には注意しなければいけません。税理士は先生と呼ばれる職業です。すなわち、顧客を下に見る傾向があるのです。税理士を選ぶ際には、この点に特に注意してください。今や税理士もサービス業としての意識が必要です。話し方や態度でそれは分かるはずです。横柄な税理士は相談にも真剣にのってくれません。また、対応のスピードも重要です。実は、税理士に対しての不満が最も多いのがこの対応スピードなのです。このサイトは、このような会社設立に関しての税理士のサポートについて説明します。