今現在、個人事業主として何らかの商売をしていて、これから法人化を目指している人や、新たに会社を立ち上げようと思っている人にとって、会社設立は意外と敷居が高いものです。その原因として、法的な知識が乏しいという点が挙げられます。会社設立はしたいけれど、何から手を付けていいのか、あるいは手続きや書類の書き方などが分からないという人は、税理士に依頼することでスムーズな会社設立が可能となります。

会社設立の流れとしては、まず事業計画書の作成から始まります。どういった業種で、どのようにモノを売り、どれくらいの収益が見込まれるのかを詳細に書き記すものです。これは主に、資金の融資に関わってくる重要なものですから、やはり税理士の手を借りるのが賢明と言えます。

次に開業資金ですが、これは自己資金だけでは賄えないことがほとんどです。金融機関から借入をするにも、税理士のサポートがあれば、借入額や返済額、返済期間など適正な数字を出してくれますから、経営が安定します。また、会社設立時は様々な手続きが必要となります。主に、確定申告などは税理士に相談することで節税にもなりますし、税に関しての知識も養うことができます。その後、商号や定款、登記など様々な場面で税理士は力強い味方となってくれるはずです。会社設立は税理士に相談することをおすすめします。