Daily Archives

One Article

会社での税理士の役割

Posted by admin on
未分類

会社設立には税理士の力が欠かせません。例えば、会社の利益目標や資金繰りに関しても、税理士に相談することで、より明確な道筋が見えてきますし、計画書の作成も税理士が入ることで、具体的な数値が把握でき、それによって会社が目指す方向が再確認でき成長もできるのです。また経営者は仕事の量も種類も多く、事務作業までなかなか手が回りません。月々の煩雑な事務作業も法の専門家である弁護士のサポートがあれば、経営者は経営に専念できるのです。

経営者にとって会社の利益予測は重要な問題です。ここでも税理士の力を借りることで、より正確な利益予測ができ、それによる節税対策も期待できるのです。また、経営する上での資金繰りや借入の相談や、人事や労務に関しての税金の問題も税理士のサポートが必要です。

そして、経営者としての成果が数値となって表れるのが決算です。この決算時にこそ税理士の存在が大きな意味を持つことになります。損益計算書、貸借対照表、あるいはキャッシュフローなど、決算には専門の知識が必要ですし、その決算によって将来的な会社の方向性も明らかになります。このように会社設立において、税理士が占める役割は大きく重いものなのです。