admin


よい税理士の選び方

Posted by admin on
未分類

税理士は、会社設立のサポート役として力強い存在ですが、その税理士にも色々なタイプの人がいます。税理士が変われば、会社の利益も変わってきますし、方向性も変わってくるのです。そういう意味では税理士選びは慎重に行わなければいけません。では、税理士を選ぶ際の注意点とはどのようなものなのでしょう。

まず、いくら相手が税理士であろうが、やはり顧客の立場のほうが上です。そこを理解していない税理士が残念ながら多いのが実情でしょう。税理士を選ぶ際には、サービス業としての税理士という意識を持っていることが必須です。旧態依然とした考え方を持つ税理士は、会社にとって利益を生む存在にはなりません。接客業としての一面もあるのが税理士なのです。

また、契約前に契約料などがはっきりとした金額で提示されるかどうかも重要な点です。相手を見て、請求額を変えてくる悪質な税理士もいるのです。料金表を持ち、どのようなサービスを行うのかを確認してください。そして、対応の早さです。時は金なりで、対応の遅い税理士は仕事の質も悪いことが多いのです。契約前の打ち合わせや見積もりのスピードなどで、対応の早さを見ておきましょう。税理士も千差万別です。これらの点に気を付けて選んでください。

会社での税理士の役割

Posted by admin on
未分類

会社設立には税理士の力が欠かせません。例えば、会社の利益目標や資金繰りに関しても、税理士に相談することで、より明確な道筋が見えてきますし、計画書の作成も税理士が入ることで、具体的な数値が把握でき、それによって会社が目指す方向が再確認でき成長もできるのです。また経営者は仕事の量も種類も多く、事務作業までなかなか手が回りません。月々の煩雑な事務作業も法の専門家である弁護士のサポートがあれば、経営者は経営に専念できるのです。

経営者にとって会社の利益予測は重要な問題です。ここでも税理士の力を借りることで、より正確な利益予測ができ、それによる節税対策も期待できるのです。また、経営する上での資金繰りや借入の相談や、人事や労務に関しての税金の問題も税理士のサポートが必要です。

そして、経営者としての成果が数値となって表れるのが決算です。この決算時にこそ税理士の存在が大きな意味を持つことになります。損益計算書、貸借対照表、あるいはキャッシュフローなど、決算には専門の知識が必要ですし、その決算によって将来的な会社の方向性も明らかになります。このように会社設立において、税理士が占める役割は大きく重いものなのです。

会社設立の流れ

Posted by admin on
未分類

今現在、個人事業主として何らかの商売をしていて、これから法人化を目指している人や、新たに会社を立ち上げようと思っている人にとって、会社設立は意外と敷居が高いものです。その原因として、法的な知識が乏しいという点が挙げられます。会社設立はしたいけれど、何から手を付けていいのか、あるいは手続きや書類の書き方などが分からないという人は、税理士に依頼することでスムーズな会社設立が可能となります。

会社設立の流れとしては、まず事業計画書の作成から始まります。どういった業種で、どのようにモノを売り、どれくらいの収益が見込まれるのかを詳細に書き記すものです。これは主に、資金の融資に関わってくる重要なものですから、やはり税理士の手を借りるのが賢明と言えます。

次に開業資金ですが、これは自己資金だけでは賄えないことがほとんどです。金融機関から借入をするにも、税理士のサポートがあれば、借入額や返済額、返済期間など適正な数字を出してくれますから、経営が安定します。また、会社設立時は様々な手続きが必要となります。主に、確定申告などは税理士に相談することで節税にもなりますし、税に関しての知識も養うことができます。その後、商号や定款、登記など様々な場面で税理士は力強い味方となってくれるはずです。会社設立は税理士に相談することをおすすめします。

会社設立と税理士

Posted by admin on
未分類

会社を設立しようとしても、自分一人では現実的に無理が生じてきます。まず、どのような流れで、どのような書類が必要で、そしてどの公的機関で手続きをすればいいのかまるで分からないのです。そういったとき、税理士のサポートがあれば安心して会社設立を任せられるのです。

参照HP・・・会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

会社を設立するには、資金が必要となります。そしてほとんどの場合、自己資金だけでは賄い切れませんので、銀行などから借入をします。その際の審査書類として事業計画書の提出が必須となります。どういった業種でどのような商品やサービスを販売し、そして売上や利益の予測など、運営に関しての計画を細部まで提示しなければいけないのです。さらに、定款や登記などの手続きもありますから、会社設立においては、やはり専門家に依頼するのが賢い選択と言えます。

このように税理士は会社設立になくてはならない存在ですが、その人選には注意しなければいけません。税理士は先生と呼ばれる職業です。すなわち、顧客を下に見る傾向があるのです。税理士を選ぶ際には、この点に特に注意してください。今や税理士もサービス業としての意識が必要です。話し方や態度でそれは分かるはずです。横柄な税理士は相談にも真剣にのってくれません。また、対応のスピードも重要です。実は、税理士に対しての不満が最も多いのがこの対応スピードなのです。このサイトは、このような会社設立に関しての税理士のサポートについて説明します。